トラックの分類とエンジンの仕組み

トラックには大きく分けて事業用トラックと自家用トラックに分けられます。事業用トラックとは有償でお客様の荷物を運ぶトラックのことを指し、自家用トラックは自分の荷物を運ぶためのトラックで個人または団体が所有するトラックで対価を得て荷物を運ぶ事はできないとされています。その中でも自家用トラックは大きく分けて小型トラック、中型トラック、大型トラックと三つに分類され、その他にも特殊な形状のトラックやトレーラーがあります。小型トラックとは一般的に積載量が2トン以下のものを指し、中型トラックは積載量が4トンクラスのもの、大型トラックは積載量が10トンクラスのものを指し一般的な種類として分類されています。事業用トラックの大半はディーゼル車ですので丈夫で簡単な構造のため故障が少なかったり、低速トルクが太いため重い荷物を積んだ状態でも発進や坂道を走ることを安易にできたりすることが可能となっています。

ディーゼル車の特徴としては熱効率が高く多くの空気を圧縮できるために燃料の燃焼によって生じるエネルギーを無駄なく使用することができます。

ディーゼルに使用される燃料である軽油は圧縮された空気の中に噴射すると自然に火がついて爆発します。ガソリン車と違い点火プラグを使わないといった点は部品点数が少なくて済む分メンテナンス等にも有利でしょう。重量のあるものを積むために大きなエネルギーに耐えられるように丈夫な作りにもなっており使い方にもよりますが中には100万Kmを超えて走行できるトラックも存在し、耐久性は群を抜いています。

また構造が簡単な点も挙げられます。

先ほど説明した通りガソリン車のようにスパークプラグが必要ないため構造が簡単で故障が少なく修理が安易に行えるといったメリットも重要な要素でしょう。故障しにくくメンテナンスが安易で修理の費用も抑えられればコストパフォーマンスは非常に高いエンジンだと言えます。ブレーキ性能にも優れ排気を強制的にできないようにしシリンダ内の圧力を上げ、ピストンの動きを制御して回転数を弱めブレーキと使用する仕組みなどガソリン車にないブレーキシステムがるのも特徴でしょう。ディーゼル車は中古も多く出回っています。運搬用としての業務で使用していくにはコストパフォーマンスなど重要な要素の一つになりますが、丈夫さもウリの一つなので乗用車ではあり得ない走行距離でも十分な需要があると言えるでしょう。